タグ:原始美術 ( 34 ) タグの人気記事

d0360230_23321050.jpg


d0360230_23325280.jpg

d0360230_23350479.jpg


d0360230_23362399.jpg


d0360230_23371869.jpg


d0360230_23374992.jpg

とても細い線の木彫像。微妙なバランスで自立します。そしてここまでトロトロです。



















by manofar | 2017-05-20 23:43 | Trackback | Comments(0)

d0360230_00571221.jpg

タウタウ

故人を偲んで造られる木彫像。トラジャ族において死は、終結ということではなく、魂の地への緩やかな流れの一環として考えられています。現代社会では、死は忌み嫌われ、見ない、考えない、というような傾向にあるのではないでしょうか。しかしながら『死ぬために生きている』と考えるトラジャ族。生と死は表と裏という真理をごく自然に直視していることに、死は怖いと考えていた私は、鳥肌が立つほどのショックを受けたのでした。このトラジャのタウタウ、とても美しい造形です。

















by manofar | 2017-05-19 01:44 | Trackback | Comments(0)

ネパール 木彫仮面

d0360230_01231434.jpg


小ぶりでキリッとしていながら柔らかい雰囲気を持つマスクです。
ここまでとろとろになっているのには参りました。


















by manofar | 2017-05-15 23:23 | Trackback | Comments(0)

d0360230_22480735.jpg


d0360230_22483638.jpg

何とも言えない朱の色になった布に包まれた7体の人形。アニミズムやシャーマニズムも未だ存在しているタルーのこの人形、不思議な力を感じずにはいれません。

















by manofar | 2017-05-10 23:04 | Trackback | Comments(0)

d0360230_00045535.jpg


d0360230_00074964.jpg


d0360230_00082891.jpg


d0360230_00090047.jpg


d0360230_00093356.jpg


d0360230_00101869.jpg

マタカム族の青年が婚約すると、自分でこの人形を作って相手に贈るそうです。いろいろな形を見ましたが、これは今のところ一番好きな形です。柔らかい、丸い形です。目白の古道具屋坂田さんにありました。坂田さんはこの像をいくつも扱ったそうですが、つい先日亡くなったポーランドの女性造形作家アバカノビッチの作品と重なるものがあって、とても好きだったというお話をされていました。その後、アバカノビッチの作品を本で見てみましたら、凄い衝撃でした。本当に好きでした。欲しいと思いました。でもとても大きな作品で、それにもちろん買える訳がないので、この小さいアバカノビッチでずっと楽しんでおりました。


















by manofar | 2017-05-10 00:34 | Trackback | Comments(0)